スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ep14:2人狩り

ここはH-8の村だ。ここに何とも不運な青年が1人。
「モモタロス。殺し合いなんて乗らないよね?」
「(ったりめぇだ!!殺し合いなんか乗ってたまっか!!)」
青年の名前は野上良太郎。彼は普通の青年ではなく、イマジンといわれる生命体に憑依されている一風変わった青年だ。
良太郎は村をとぼとぼ歩いていた。
「ほぅ。殺し合いに乗らないのか。それは好都合だ」
「!? だれ!?・・ですか」
村に複数立っている家の影から全身黒い鎧をまとった騎士が出てきた。
いきなりの状況にも思わず敬語を使ってしまう。
「俺は黒騎士ブルブラック。狙いはこの殺し合いで優勝して銀河の光を手に入れることだ」
黒騎士は自分の意思を示した。
「は、はぁ」
良太郎は堂々とそんなことを言う黒騎士を目の前に圧倒されていた。
「(おいっ!!こいつやべぇぞ!俺と代われ!)」
良太郎の心の中からイマジン・モモタロスが話しかける。
「わ、わかった。頼んだよ。 !?」
「よぉ。殺し合いに乗ってるってぇ。あんまり関心しねぇなぁ」
途端に青年の口調と雰囲気が変わった。
このことには黒騎士も多少驚いているようだ。
「なんだ。おまえ・・・死にたいんなら黙って立っておけ」
黒騎士は一刻も早く優勝したいようでモモタロス憑依の良太郎にブルラリアットを構えた。
「死にてぇわけねぇだろ!! 変身!!」
焦りながらライダーパスをベルトに掲げる。
――ソード・フォーム―――
「俺!参上!! グハァ!!」
決めのポーズをとろうとしたとき、黒騎士のブルラリアットから放たれた光弾が電王SFに命中した。
電王は背後に倒れこむ。
「クッ! いきなりかよ!! こっちも最初から最後までクライマックスだぜ!!」
電王はデンガッシャーをソードモードに組み、ブルブラックに突進していく。
ブルブラックもブルラリアットを剣の形に変え、デンガッシャーを受け止める。
「剣使いか。さっきもそんな奴が威勢良くしていたが大したことなかった」
ブルブラックが言っているのはゼロノス・桜井侑斗のことだ。
「ハッ!!」
ブルブラックはデンガッシャーを弾き、電王に1太刀を決める。
電王は再び後退する。
「ちくしょー!! 全然敵わねぇ」
電王がそう言っている間にもブルブラックは攻撃を続ける。
「ハッ!!ハッ!!ハァ!!!!」
1撃、2撃、3撃とブルブラックの攻撃はどんどん電王のアーマーに命中していく。
電王は受けきることもなく、ただただ自身の体でブルブラックの攻撃を受けた。
ついに電王は仰向けに倒れた。
「(モモタロス、全然だめだよ。ここは一旦逃げよう。ね?)」
心の中から良太郎が話しかける。が、
「うっせぇぇ。このまま逃げてたまっかよ!!」
断じて逃げようとはしない。
このとき良太郎の言うままに逃げていれば後の惨劇は避けられたかもしれない。
モモタロスが良太郎とも会話に気を取られていると、
「(モモタロス!!危ない!!)」
「何!? しまった!!」
「黒の一撃!!!!!!!」
宙で一回転し、高威力の必殺技が電王を切る。
「ウァァッァァァァァァァァ!!!!!!」
電王の変身は解除され、ライダーパスが遠くへ投げだされた。
同時にモモタロスの憑依もとかれ、性格は元の気弱な青年・野上良太郎に戻っていた。
「そんな・・・モモタロスが・・・」
「死ね」
絶望に打ちひしがれる良太郎を前にブルブラックがブルラリアットを振り上げる。
その時、村の遥か後方より叫び声が近づいてくる。
「ウォォォォォ!!! 変身!!!」
――アルタイル・フォーム―――
緑のアーマーに包まれ、巨大なサーベルを持ちながら黒騎士に迫ってきているのはゼロノス・アルタイルフォーム(桜井侑斗)だった。
「えっ!? 侑斗?なんでここに」
「どけ!!!」
良太郎の声など聞こえていないかのようにゼロノスは黒騎士に向かっていく。
「フン。誰かと思えば、怪人のもとで泣きじゃくっていたガキか」
黒騎士はゼロノスのほうに向きを変え、ブルラリアットを構える。
「よくも!!よくもデネブを!!  ワァァァァァァ!!!」
「一度死んでいる雑魚に要はない。 一度は見逃してやったがそんなに死にたいんならそこの雑魚と一緒に殺してやる」
ゼロノスは巨大サーベル・ゼロガッシャーを思いっきりブルブラックに向けてふるう。
黒騎士はサラッとその攻撃をかわし、ゼロノスのベルトに斬撃を決める。
「うわっ!!」
ゼロノスは後退する。
その瞬間・・・・
「黒の衝撃!!!!!!」
横向きの斬撃がゼロノスを切った・・・・・
『デネブ・・・・すぐにお前の所へ・・・・』
ゼロノスのアーマーがなくなり、桜井侑斗の姿となったその屍は赤い液体の中で動くことはなくなった。
「ゆ、侑・・斗・・・・・・」
目の前で知り合いが殺され混乱が止まらない良太郎。
そんな良太郎の前に黒騎士は立ちふさがった。
「安心しろ。お前もすぐに後を追わせてやる」
「や・・・やめ!・・・・・・・・・・・・・」
最後の一声が終わらぬうちにその声は途絶えた。
黒騎士は血のついたブルラリアットを引き抜いてまた歩き出した・・・・・
その纏った黒いマントを2人の死体になびかせながら・・・・


【野上良太郎(モモタロス憑依)@仮面ライダー電王   死亡 残り18人】
【桜井侑斗@仮面ライダー電王  死亡 残り17人】

【黒騎士ブルブラック@星獣戦隊ギンガマン】
現在位置:H-8 村
状態   :健康
道具   :基本支給品、ブルラリアット
思考・状況
・優勝してギンガの光を手に入れる
・殺し合いには乗る
・ゼイハブは最後に倒す
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

これはトラウマ回ですね。
まさか、脱出フラグのあるこの二人がこんなにも早く退場するとは……
ブルブラックには頑張ってほしいです。

ブル"ラ"イアットではないのですか?
  • 2009-06-23
  • 774 URL
  • edit
プロフィール

珀式

Author:珀式
中学卒業&高校進学記念にこのブログを作ってしまいましたw
珀式です。
ここ最近はレンストにはまっています。
特撮は大体見てますがメタルは・・・すんませんorz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。