スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ep11:SEVEN Xの死闘

「イレギュラーな者がこのバトルロワイヤルに参加している」
モニター画面を見ながら神崎がつぶやいた。
「え?だれだれ?」
リュウタロスが興味を持ち、聞いてくる。
神崎がさしているモニターはA-5だ。ここには津上翔一をジンがいる。
2人は1つの戦闘を終え、仲間を見つけようとしているところだ。
「おい。放送だ。禁止エリアはA-5。それと、ゼットンを出せ」
神崎は若干のいらつきを隠せないまま、リュウタロスにいった。
リュウタロスは言われるがまま放送席に座る。
そして、苦痛の始まりともいえるアナウンスをする。
ピンポンパンポーン
「え~と、たった今禁止エリアが決まったよ。エリアはA-5、30分後にそこにいた人は首輪が爆発するよ。早く逃げてね」
それだけを放送した。
「これでいい。イレギュラーなものはここには必要ない」

「聞きましたか?ジンさん」
津上翔一があわてた様子でジンのほうを振り向く。
「あぁ、俺達のいる場所がそうだ。早く別のエリアにいこう。  !?」
ジンが津上にそう促し歩みを速めた時、目の前に巨大な怪物が現れた。
2人は驚き、数秒の間立ちすくんだ。
「なんだあいつは!? デカイ」
津上は今まで戦ったことのない大きさの怪物を目にして驚く。
一方ジンは驚くことなく冷静に怪物を見つめ、ここで戦わなければならないと思っていた。
怪物・・・いや、怪獣の名は宇宙恐竜ゼットン。かつてウルトラマンを倒した怪獣だ。
「津上、ここは俺が食いとめる。おまえは先にこのエリアから脱出しろ」
ジンは着ているジャケットの内ポケットからウルトラアイをとりだす。
「そんな!ジンさんはどうするんです!?ここで戦ったらジンさんが逃げられないじゃないですか」
津上はジンを心配し、ともにこのエリアを脱出しようとする。しかし、ジンはすでに戦うことを決めていた。
「早く行け!! 俺は大丈夫だ。 おまえはさっき言っていた氷川というやつと合流しろ」
一向に足を動かさない津上にジンは強く言った。
津上もジンの決意を悟ったのか、コクリとうなずき走り出す。
「それでいい。 いくぞ怪獣!!」
ジンはウルトラアイを装着。SEVEN Xへと姿を変えた。
SEVEN Xを確認するとゼットンは火球を放った。
「ジュワッ!!!」
その火球を腕で薙ぎ払うSEVEN X。そして、SEVEN Xはゼットンに真正面から向かっていった。
アイスラッガーを手に持ち、ゼットンに向かって切りつける。
しかし、SEVEN Xの攻撃は空気を切り裂くだけで切った先にゼットンの姿はなかった。
「!?」
戸惑い、前後左右に首を振りゼットンの姿を確認する。しかし、SEVEN Xの眼にはゼットンの姿は映らない。
「!? ジュワァァッツ!!」
背後からゼットンの火球がSEVEN Xに命中した。
ゼットンの火球の温度は1000℃。これをまともに食らったSEVEN Xは大ダメージだ。
「!!!!」
振り向きアイスラッガーを投げる。しかし、またもや切ったのは空気だけ。
刻々と禁止エリアの時間は過ぎていく。
その時、SEVEN Xの目の前にゼットンの姿が現れた。攻撃を誘っているかのようにじっとしている。
SEVEN Xは疑いながらも、このチャンスを逃すまいと腕をL字に組む。
「ジュワッ!!!!!」
L字に組んだ腕からSEVEN X最強の技、ワイドショットが放たれる。
ワイドショットは見事ゼットンに命中した。
だが、命中=勝利ではないということをSEVEN Xは知らなかった。
ワイドショットの命中によってできた光の中からはゼットンの姿が出てきた。
ゼットンは手を胸の前に構え、ワイドショットをすべて吸収していた。
「!!?」
SEVEN Xは怯み、もう一度ワイドショットを出そうとした。しかし、SEVEN Xのエネルギーは残りわずか。額のタイマーも点滅をしていた。
「ジャッァ!!!」
その動作の間に・・・・・SEVEN Xはゼットンの目の前にうつ伏せに倒れた。
SEVEN Xが倒れた先には胸の前で構えていた手を手前に突き出した形で堂々と立っているゼットンの姿があった。
ゼットンはSEVEN Xが2発目のワイドショットを繰り出す直前に、ウルトラマンをたおした技『ゼットンファイナルビーム』をSEVEN Xに命中させていた。
うつ伏せに倒れたSEVEN Xの瞳からは光が消え、動くことはなくなった・・・・・
「これでいい」
SEVEN Xが倒れているモニターをみて微笑を浮かべる神崎。
何故SEVEN X=ジンはここに迷い込んだのか。
それは全て謎で終わってしまった。



【ジン・SEVEN X@SEVEN X   死亡  残り19人】


【津上翔一・仮面ライダーアギト@仮面ライダーアギト】
現在位置:A-6 森
状態   :健康
道具   :オルタリング、基本支給品、ランダム支給品
思考・状況
・氷川を見つけ合流する。
・学校へ向かう
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

ジン……

迷い込んだってなんか怖いですねぇ~~
ゼットンは強いです。
これじゃ戦隊ロボでも簡単には倒せないだろうな~
迷い込んだ理由も気になりますね。
プロフィール

珀式

Author:珀式
中学卒業&高校進学記念にこのブログを作ってしまいましたw
珀式です。
ここ最近はレンストにはまっています。
特撮は大体見てますがメタルは・・・すんませんorz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。