スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ep07:古代戦士のマインド 【操り】

五代雄介・仮面ライダークウガは岸で体力回復に努めていた。
五代はまず伊坂・ピーコックアンデッドと戦い、直後に宇宙海賊バルバン船長・ゼイハブとのバトルで敗北し、重傷を負った。
五代はついさっき目を覚まし、体力を回復させている。変身制限の2時間はとっくに過ぎている。
とはいえ、ダメージの大きさからいまだ変身できるのはグローイングフォームのみだ。
今襲われたら苦戦は必至だ。支給品はよくわからないカードのデッキと警視庁の官給品の拳銃だ。
できれば今の状態での戦闘は避けたい。
しかし、このバトルロワイヤルはそんなに思い道理にはいかない。
「まだここにいたのか。すでに移動していたものと思っていたが、好都合だ」
聞き覚えのある声が五代の耳に入った。
「!?」
五代はとっさに振り向く。そこにいたのは伊坂・ピーコックアンデッドだ。
伊坂は以前クウガ・ドラゴンフォームに敗れている。
「お前は! 倒したんじゃなかったのか!?」
五代はすでに死亡したものと思っていた伊坂が現れたので動揺している。
「あれくらいで私が死ぬか。今回こそはお前を洗脳してやる」
伊坂はピーコックアンデッドへと姿を変えた。
「クッ!!」
五代は戸惑いながらもアークルの出現を待つ。
やがて五代の腰にアークルがあらわれる。
「―――変身!―――」
五代の体は古代戦士・クウガへと変わる。しかし、クウガの体の色は案の定白のグローイングフォーム。
「やっぱり。まだ白か」
クウガは『やっぱりか』というように構えをとった。
それを見た伊坂は、
「前の姿と違うな。さてはお前も誰かに敗れたか」
笑いながら言った。
クウガはそんなことは気にせずピーコックアンデッドに向かっていった。
クウガはいきなりマイティキックの構えをとり、宙へと上がった。
「何!?」
予期せぬクウガの行動にピーコックアンデッドの反応は1瞬遅れた。
その1瞬でクウガのマイティキックはピーコックアンデッドに命中した。
「グヮぁ!!!!」
ピーコックアンデッドは激しく後退した。が、
「必殺の蹴りでもその姿ではその程度か」
グローイングの状態ではマイティキックもその威力は十分ではない。
クウガが着地した途端。
「!? ウワッ!!」
真横からクウガを鞭のようなものが襲った。
「ハハハハハハ。古代戦士と聞いてどんなものかと思えば、そのような小童。このヒトミダマが操って進ぜよう」
ピーコックアンデッドより高い声で横から出てきたのはピーコックアンデッドと手を組んだ『アヤカシ・ヒトミダマ』だ。
ヒトミダマは笑いながらピーコックアンデッドの横についた。
ピーコックアンデッドの頭上には無数の羽が浮かんでいる。
「あれは!! まずい!!」
クウガは思わずそう言った。
ピーコックアンデッドのあの技は以前戦った時苦戦した技だ。今回は前回のようにドラゴンフォームになることはできない。
「ハッ!!!!」
ピーコックアンデッドがクウガに向かってその無数の羽を飛ばす。
ピーコックアンデッドの放ったその羽はほぼすべてがクウガに命中した。グローイングはほかのフォームと違い、防御力も若干劣る。
「うわっ!!」
クウガは倒れこんだ。
クウガが起き上ったその瞬間。黒い人玉がクウガに命中した。
「なんだっ!!これ・・・ぐぅぅぅ」
その黒い人玉はヒトミダマが放ったものだ。心が折れた瞬間、そのものはヒトミダマの操り人形となる。
しかし、仮にも古代戦士クウガだ。苦しみながらも何とか洗脳からのがれようとしている。このままいけば洗脳はまのがれそうだ。
「やはりな。1人ではお前を洗脳することは不可能だ。 だが、2人ならどうだ?」
苦しみながら耐えているクウガの目の前に、人間体となった伊坂が向かう。
伊坂とクウガの距離は間近になっていた。
普段のクウガなら無防備な敵に対しては負けなしだ。だが今はそれどころではない。
伊坂は苦しみながらヒトミダマの洗脳からのがれようとしているクウガに
「ハッ!!!!!!」
再びマインドコントロールをかけた。
「うっ!」
クウガは立ち尽くしたまま動かなくなった。
「フ、フハハハハ。ついにこいつを洗脳したぞ。これで私の優勝も近付いた」
伊坂は第一の目標を達成し、笑いを浮かべる。
ヒトミダマが近寄ってきた。
「おぉ。これでわれらの優勝がちかずいたな」
「われら? 何のことだ。優勝できるのは1名のみ、つまり私だ。もうお前に要はない。そうだ、クウガよ!手始めにあのヒトミダマを倒せ」
伊坂はそう言うと、自分のデイバッグからスタンガンを取り出しクウガに思い切り突きつけた。
スタンガンからの電流はすべてクウガに放電した。
「何をバカな。せっかく手に入れた人形を壊す気か。それに、その人形は私の・・・・・」
ヒトミダマは自分の身に危険を感じたのか、あわてながら言った。
しかし、ヒトミダマの言葉は最後まで言い終わることなく途絶えた。
ヒトミダマのいた場所には緑に金の縁取りが施され、強化されたようなボウガンを持つクウガが立っていた・・・・・・・・


【ヒトミダマ@侍戦隊シンケンジャー  死亡 残り14人】


【五代雄介@仮面ライダークウガ】
現在位置:J-9 岸
状態   :ダメージあり。
道具   :アークル、基本支給品、タイガのカードデッキ、拳銃
思考・状況
・伊坂・ピーコックアンデッドに操られている。

【伊坂(ピーコックアンデッド)@仮面ライダー剣】
現在位置:J-9 岸
状態   :健康
道具   :基本支給品
思考・状況
・クウガを利用し、このバトルロワイヤルに優勝する。

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

ついに洗脳されてしまったか。
こりゃ運が悪かったな……
ライダーロワの麻生みたいな熱い復活を期待してます。
ヒトダマミを裏切る伊坂さんにワロタwww

No title

五代君がこのまま言いなりになるわけはないと思うので復活が楽しみです。
すぐに出番が終わったヒトミダマwww
善人を殺してしまったショックで黒目アルティが参加者を全員殺して終わりとかな鬱エンドにはならないことを祈ります。
プロフィール

珀式

Author:珀式
中学卒業&高校進学記念にこのブログを作ってしまいましたw
珀式です。
ここ最近はレンストにはまっています。
特撮は大体見てますがメタルは・・・すんませんorz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。