スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ep06:2人の精神操作師

「五代雄介・・・おまえを必ず私の操り人形にしてやる・・・」
そう言いながら歩いているのは伊坂・ピーコックアンデッドである。
伊坂は依然五代雄介・クウガをマインドコントロールしようとしたが失敗。逆にクウガに重傷を負わされてしまった。
今は傷は十分に回復し、ある男のもとへ向かっていた。
「ん・・・う~ん・・・」
五代雄介は岸で目を覚ました。彼はゼイハブとの戦いで敗北し、今の今まで気絶していたのだ。
「あいつはどうやったら勝てるんだ・・・」
普段好戦的ではない五代が珍しくそんなことを呟く。確かにゼイハブは恐ろしいほどの力を持っている。おそらくこのバトルロワイヤルでも優勝候補だろう。
変身制限の時間はとっくに過ぎている。再びクウガに変身することは可能だ。だが、今は変身できたとしても白い姿のグローイングだ。ゼイハブ戦のダメージは大きい。
「おい。ヒトミダマというのはお前か」
伊坂はある男のもとへ着いた。男の名は「ヒトミダマ」伊坂と同じくマインドコントロールの力を持っている。しかし、その姿は男というよりは怪人だ。
「おぉ、たしかに私がヒトミダマだがお前は誰だ?我々と同じアヤカシか?」
ヒトミダマは伊坂を前に軽く言った。
「私は伊坂。お前には精神操作の能力があると聞いてここまで来た。本当か?」
伊坂は自分と同じ、マインドコントロールの力を持っている者のもとを訪れていた。
伊坂の目的は、クウガのマインドコントロールだ。
「たしかに。私にはそのような術がある」
ヒトミダマは答えた。ヒトミダマは虎折神やシンケンブルーをもコントロールする力を持っている。
「やはり。おまえに協力を求めたい。リストにある五代雄介という人物。そいつをお前の力で操ってほしい。そいつはいい戦力になる」
伊坂はあえて自分もマインドコントロールの能力があることを口にはしなかった。
ヒトミダマの答えは早かった。
「任せろ。このような人間の1人や2人朝飯前だ。して、そいつは何処にいる?」
ヒトミダマは上機嫌で伊坂の協力要請を受けた。
「私と戦った場所から動いてなければ、地図にあるJ-9の岸にいるはずだ」
「わかった。さぁて、ご拝見、ご拝見」
五代雄介の場所を伊坂から聞くとヒトミダマはH-10の村にある川から這い上がりJ-9を目指した。
ヒトミダマが上機嫌で歩く中、伊坂もまたヒトミダマの後ろについてJ-9を目指した。
不敵な笑みを浮かべながら・・・・・・


【五代雄介@仮面ライダークウガ】
現在位置:J-9 岸
状態   :ダメージが少々残っている。
道具   :アークル、基本支給品、タイガのカードデッキ、拳銃
思考・状況
・もう一度津上と合流する
・ピーコックアンデッドが何者か考える
・ゼイハブには今のままでは勝てない

【伊坂(ピーコックアンデッド)@仮面ライダー剣】
現在位置:H-10 村
状態   :健康
道具   :基本支給品
思考・状況
・クウガにもう一度マインドコントロールを仕掛ける
・ヒトミダマを利用する

【ヒトミダマ@侍戦隊シンケンジャー】
現在位置:H-10 村
状態   :健康
道具   :基本支給品
思考・状況
・伊坂と協力しクウガを操る
・優勝して三途の川をあふれさせる

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

ヒトダマミと伊坂のタッグは厄介になりそうです。
五代がピンチですね。
早く逃げてぇ!!(ライジングのないクウガでこの二人を相手するのは厳しいと思うので)
プロフィール

珀式

Author:珀式
中学卒業&高校進学記念にこのブログを作ってしまいましたw
珀式です。
ここ最近はレンストにはまっています。
特撮は大体見てますがメタルは・・・すんませんorz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。