スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ep02:古代戦士のマインド

「ここは!?」
五代雄介はいつの間にか海岸沿いに飛ばされていた。
「津上さんは・・・」
そばにはさっきまで鏡越しに話していた津上もいない。
足元を見ると1つのディバッグが置いてある。これが液晶ビジョンに映っていた怪人が言っていたバッグであろうか。
「そう言えばあの怪人がこのバッグを見てくれって言ってたな」
五代は怪人の言葉を思い出し足もとのバッグに手を伸ばし中身を確認した。
中には水・食糧・ルールブック、そして虎のマークの入ったケースが入っていた。
ケースの中には見たことのないカードが入っている。
「これは・・・グロンギの文字じゃない。いったい何だ?」
カードケースが気になりながらもまずはルールブックを開く。
ルールブックには変身時間の制限についてなどが書いてあった。
気になったのは首輪についての項目。
「首輪?ん?いつの間に?」
五代の首にはさっきまでついてなかったはずの首輪がはめられている。
「これが、殺し合い・・・・」
五代は悲しいものを感じていた。

「ふん。ちょうどいい奴がいたな。あいつをコントロールして他の参加者とやらを抹殺してもらおう。」
五代と同じ海岸沿いに飛ばされた男が五代から離れた場所から五代を見ている。
男の名は伊坂。上級アンデッド“ピーコックアンデッド”だ。
伊坂は五代を確認するとその方向へ進んだ。

「誰だ!?」
五代が気配に気づき振り向きながら叫ぶ。
「そうカリカリするな。私は伊坂という。話し合いにきた。」
伊坂はいかにも怪しそうに話し合いを持ちかけた。
「話し合い?あなたは殺し合いに乗っているんですか?」
五代は多少警戒を解いて話し合いに乗った。
「殺し合い?そんなものばかばかしいな。私はあまりそう言うことは好きじゃなくてね。」
伊坂は段々と五代に近づく。
「?」
五代は多少怪しみながらも話し合いを続けている。
伊坂が五代のすぐそばまで近寄ると、
「ハッ!!!!」
伊坂は五代にマインドコントロールをしかけた。
「なんだ!?この技は!?  こいつ、味方じゃない。敵だ。」
五代は多少ふらつきながらも伊坂のマインドコントロールからのがれた。
「何!?お前、私のマインドコントロールが利かないのか。」
「マインドコントロール!?」
「そう、私は人をコントロールすることができる。しかし、この世界のルールではマインドコントロールは2時間に1回しか使えない。おまえはもはやじゃまだ!消えろ!!」
そう言い終わると伊坂の見た目は人型からピーコックアンデッドへと変わった。
「グロンギ!!!」
五代はピーコックアンデッドの姿に驚いたが。即座に腹に手を当て、アークルの出現を待った。
五代の腰にアークルがあらわれ、
「―――変身!!―――」
そう叫ぶと五代の体もまた古代の戦士、仮面ライダークウガへと変わった。
「ほう。橘たち以外にもライダーシステムが存在していたのか。面白い。来い!!」
「ウァァァァァ!!」
赤いボディのクウガ・マイティフォームはピーコックアンデッドに向かっていく。
ピーコックアンデッドは自らの体から羽を宙に浮かせクウガに一斉に放った。
「うぁ!!」
ピーコックアンデッドの放った羽はクウガに当たると爆発しクウガを後退させた。
「ハハハハハ。その程度か。ならばさっきマインドコントロールなどする必要はなかったな。」
ピーコックアンデッドはそう言いながら2発目の羽を宙に浮かせている。
「ハッ!!」
ピーコックアンデッドの羽が再びクウガに襲いかかる。
羽はまたもやクウガに命中し、さらにクウガを後退させる。
「近づけない。どうすれば!!  !?」
そう言ったクウガの目線の先には海の漂流物の中に混じった流木があった。
「よしっ!!」
何かを思いついたクウガ。しかし3発目の羽がもうすぐそこまで迫っている。
「ウォリャ!」
クウガは羽をかわし流木の枝を手に取る。
「ハッ!そんな枝で何ができる。これで終わりだ海へ沈め!」
ピーコックアンデッドがそう言った直後、クウガの腰にあるアークルが青い光とともに回り始めクウガの全身が青に変わった。クウガの変身と主に手に持っていた枝が青い杖“ドラゴンロッド”に変わった。
「行くぞ!!」
クウガ・ドラゴンフォームは向かってくる羽をドラゴンロッドで薙ぎ払い、その跳躍で宙へ飛んだ。
宙からの加速をつけ、強烈な一撃がピーコックアンデッドに命中する。
「グヮぁぁぁぁ!!!!」
ピーコックアンデッドは海岸から遠くに飛ばされた。
「ふぅ。何だったんだあいつは。グロンギ・・・じゃない」
戦いが終わった直後、クウガは自動的に五代の姿へと戻った。
「!?そうか。変身制限時間ってこのことか」

「うぅ。あのライダーシステム。橘たちのものとは大きく違く。とりあえずしばらく休まねば。」
幸いピーコックアンデッドは生きていた。クウガの一撃はぎりぎり急所をはずれ死ぬことはまのがれた。


【五代雄介@仮面ライダークウガ】
現在位置:J-9 岸
状態   :軽いダメージ、2時間変身不可
道具   :アークル、基本支給品、タイガのカードデッキ
思考・状況
・もう一度津上と合流する
・ピーコックアンデッドが何者か考える

【伊坂(ピーコックアンデッド)@仮面ライダー剣】
現在位置:I-10 岸
状態   :重症 2時間マインドコントロール不可
道具   :基本支給品
思考・状況
・傷をいやす
・クウガにもう一度マインドコントロールを仕掛ける


スポンサーサイト

comment

Secret

No title

とりあえず小説書く上での最低限のルールを一つ。
閉じ括弧の前に『。』を置かないこと。
結構読み難くなるぜよ

No title

バトル、かなりよかったです。
マインドコントールに失敗した伊坂……
これから誰をマインドコントールするのか気になります。

プロフィール

珀式

Author:珀式
中学卒業&高校進学記念にこのブログを作ってしまいましたw
珀式です。
ここ最近はレンストにはまっています。
特撮は大体見てますがメタルは・・・すんませんorz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。