スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EP1:銀と牙 

「チクショー。なにが殺しあいだよ。――俺は絶対のらないぞーーーーー!!」
苛立っているのか、裕作は叫んだ。
「ふぅ。しかし・・・・ここはどこなんだ?  !!そう言えばヒネラーがバッグに地図があると言ってたな。ど~れ」
落ち着き、陽気にバッグを開く。
中には水・食糧・地図・そしてランダム武器で入っていたのはよくわからない絵の描かれたチケットのようだ。
「チケットでどう戦うんだよ。」
裕作は武器に不満の持つ。しかし持っていて損はない。このバトルでは意外なものが勝負を決めるということが裕作には分かっていたのだ。
「あとは・・・首輪だが・・・何か手掛かりがあるとすればヒネラーのいたF-1だ。いまいるのが・・・A-10。結構遠いな。健太は何処に飛ばされたんだ??ヒネラーの狙いは?」
さまざまなことが疑問になる。
考えをまとめようとしている裕作に、
「おいお前!時の列車って知ってるか?」
声をかけたのは大柄な中年だ。
「時の列車??知らないね。そんなものがあれば俺が乗ってみたいよ。」
軽く返す裕作。
「お前にこのゲームから降りる方法を教えてやる。」
男は親切心からなのか、ハッタリなのかゲームを拒否する方法を教えるという。
「何!?お前、このゲームから降りる方法を知ってるのか?」
「あぁ、それはな、俺がお前らすべてを食いつくすことさ!」
男は意味のわからないことを言い出した。
そう言うとおもむろにベルトを掲げ、装着。
「変身」
男は金色のケースを落とした。
―――GAOU・FORM―――
男は黄土色の鎧に身を包み、わにのような姿を模した姿へと変わった。
「なに!?お前まさか、この殺し合いに乗ってるのか!?」
「当然だろ。多少面倒だがな。」
男はそう返した。 男の名は―――ガオウ――― 時の列車強盗団の頭だ。
「なぁるほど。そう言うことなら、俺も戦っちゃおうかな。」
そう言うと裕作はケータイをとりだし、変身コードを入力。
M・E・G・A――メガ――
「インストール」
裕作の変身した姿はまばゆいばかりの銀色の戦士。名は――
「メガシルバー!!」
ガオウはデンガッシャーを組み合わせて剣をつくり、メガシルバーはシルバーブレイザーをそれぞれ構えた。
「行くぞ!!」
裕作がガオウに向かっていく。
「とぉぉりゃ!!」
カン!!キン!!カカン!!
「なかなかやるね~あんた。」
「お前は全然だな。もっと楽しませられないのか?」
挑発的なガオウは確かに強い。
「フン!!」
「グハァ!!」
会話に気がちり、防御が遅れたメガシルバーにガオウのデンガッシャーが命中した。
「オゥァ!!」
倒れこむメガシルバー。
「これで終わりだ。」
ガオウはライダーパスをベルトに掲げ、
――フル・チャージ――
デンガッシャーに光が帯びる。
「しねーー!!」
倒れいるメガシルバーにとどめを刺そうとガオウが遅い来る。
メガシルバーの目の前にガオウが来た時、
「すきあり~~!!ハァァ!!」
メガシルバーは倒れる前にシルバーブレイザーを剣から銃に変えていた。
バシュ!!バシュバシィ!!!
「ガぁ!!グァぁ!!」
メガシルバーの撃ったレーザーがガオウのベルトに命中し、今度はガオウが倒れこむ。
「よし!!今度はこっちの番だ。」
メガシルバーはシルバーブレイザーを再び剣に変え、ポーズをとりガオウに向かって走って行った。
「ブレイザーインパクト!!!!!!」
「グァァァぁァァァ!!!!!!!!!!!!」
ガオウはアーマーごと爆発して消え去った。しかし、そのことに1番驚いていたのは裕作自身だった。
「何!?いくらブレイザーインパクトでもあそこまでの破壊力はあるはずが・・・・・   !!??」
裕作は自分の姿にきずいた。その姿はメガシルバーではなく、早川裕作だった。
「まさか!?」
裕作の思った通りだろう。裕作が必殺技を当てる瞬間、ガオウの変身が解除されていた。
そう。ガオウのほうが裕作より30秒早く変身していた。―――その30秒が死へと続いた―――
「は!!??健太!!いったいどこに!!??早く助けに行ってやらないと!!」


【仮面ライダーガオウ@仮面ライダー電王  死亡】
【残り30人】


【早川裕作@電磁戦隊メガレンジャー】
【現在位置:A-10 森】
【状態:健康・メガシルバーに1時間変身不可】
【装備:ケータイザー@電磁戦隊メガレンジャー】
【道具:基本支給品・マジチケット】
【思考・状況】
1・健太の助けに向かう
2・首輪の手がかりを求め、F-1に向かう


スポンサーサイト

comment

Secret

No title

ガオウwwww
裕作、誰かに襲われるなよw
ロワの素人が書いた作品とは思えないです。
面白かったと思います。

No title

ガオウの退場が予想以上に早かったwww
戦いの音を聞きつけたマーダーに襲われたら大変ですね~。<裕作
面白かったと思います。
プロフィール

珀式

Author:珀式
中学卒業&高校進学記念にこのブログを作ってしまいましたw
珀式です。
ここ最近はレンストにはまっています。
特撮は大体見てますがメタルは・・・すんませんorz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。