スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ep015:激ファイト!!古代戦士VS進化戦士!!

「ここは・・・城かぁ」
F-10にある城の中を歩いているのは津上翔一だ。
「・・・ジンさん・・・・・・」
津上は前回の戦いでともに行動していた仲間のジンをなくしている。
ジンはゼットンに敗れ、このバトルロワイヤルから脱落してしまった。
このバトルロワイヤルでの脱落はすなわち“死”を意味する。
「とりあえず氷川さんを見つけなくちゃ」
津上は自分の知っている人物。氷川誠と合流しようと様々な場所に移動している。
F-10の城もそのうちの一つだ。
津上が歩いていると、自分の近くに何かの気配を感じた。
人だろうか。そんなことを考えながら津上は気配の主を探す。
そうして突き当たった先の角を曲がるとそこには見たことのない異形の姿が立っていた。
「!? アンノウン!? いや、ここでは違う?・・・誰だ!?」
「・・・・・・・・」
異形のその者は津上の問いに答えず、ゆっくりと歩み寄ってきた。
近づいてくるにつれ、段々とその姿が見えてきた。
赤を基本とし、クワガタを連想させるその姿。
突如にもう1人、異形のその者ではない声が聞こえてきた。
「さて、ここからが本番だ。 クウガよ!そこにいる参加者も殺してしまえ!!」
「誰だ!? どこから・・・ うわっ!!!」
津上が声の主を見つける前に異形のその者・仮面ライダークウガは津上翔一に襲いかかってきた。
「くっ!! 変身!!」
まばゆい光とともに津上翔一は仮面ライダーアギトへと変わった。
「やめてください!! あなたも仮面ライダーなんでしょ!?」
アギトは迫りくるクウガに制止をかけようとした。だが、クウガはためらうことなく突き進んできた。
「・・・・・・・!!!!」
無言のまま繰り出されるクウガのパンチ。キック。
「あなたは誰なんですか!?」
アギトは攻撃することをためらい、クウガの攻撃を避けるばかりだ。
その間にもクウガは攻撃を休めることはない。
「・・・・・・!!!」
「うわっ!!!」
その攻撃の1発がアギトに命中した。
後方へ吹き飛ばされ、膝をつきながら立ち上がろうとしたとき、
「!? そのベルトの形は・・・・」
アギトの目線はちょうどクウガのベルト・アークルを見るのにぴったりの位置だった。
「あなたはひょっとして、五代さん? 何故こんなこと・・・」
アギトは混乱した。その時、また別なものの声がアギトに語りかけた。
「そいつは私の操り人形だ。 私の思うままだ。クウガ!! さっさと片付けろ」
「何!?」
クウガは声の言われたとおりにするかのように、体の色を変えた。
クウガの体は赤が基本で金の縁取りがされた姿に変わった。
「・・・・・・・」
ライジングマイティとなったクウガは構えをとり、必殺技のキックを放つ体制になった。
「やめてください!!」
「そいつは無理だ。まぁギリギリのところまで追いつめれば目が覚めるかもしれないがな」
「ギリギリって・・ !!! まずい!!!」
アギトが考えていると、クウガのライジングマイティキックがすぐそこまで迫ってきた。
「やるしかないのか!!!! ハッ!! ハッ!!」
アギトは即座にオルタリングの左右を押し、ベルと中央部からストームハルバードとフレイムセイバーを取り出した。
「ハッ!!!!」
アギトは両手に構えたその武器で宙から迫ってくるクウガを薙ぎ払った。
「・・・・・!?    !!!!」
クウガの必殺技はキャンセルされ、同時に地面に落とされた。
クウガは立ち上がり、元のマイティフォームの姿に戻った。
一方のアギトはフレイムフォーム・グランドオーム・ストームフォームの混ざったトリニティフォームへと変わっていた。
「ほぅ。なかなかやるじゃないか。 はっ!!」
「!? ウワッ!!!」
突如現れた無数の羽がアギトを襲い、直撃。 アギトは後退した。
「さっきから誰なんだ!!!」
「こっちだ」
「!?」
アギトが振り向くとそこにはまたもや異形の怪人・ピーコックアンデットが立っていた。
「お前が五代さんを操っていたのか」
「そうだ。 クウガ!!そろそろ時間がない。一気に決めろ」
「何!?」
アギトが再びクウガのほうを向くと、その瞬間に超高威力のパンチがアギトの鳩尾あたりに命中した。
「!? うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!」
アギトは吹き飛ばされ、城の壁に激突。落下と同時に変身は解除された。
「・・・・・・・・・」
そこには全身黒で染め上げられた。クウガの姿があった。その瞳まで黒いその姿が・・・・
「よくやった。次へ行くぞ」
ピーコックアンデッドも伊坂の姿に戻り、次の参加者を殺すため移動を開始した。
「うぅ・・・・五・・代・・・さん・・・・」
津上は死にこそしなかったが、その場で意識を失った。



【津上翔一・仮面ライダーアギト@仮面ライダーアギト】
現在位置:F-10 城
状態   :意識不明
道具   :オルタリング、基本支給品、ランダム支給品
思考・状況
・氷川を見つけ合流する。
・学校へ向かう
・五代を正気に戻す

【五代雄介@仮面ライダークウガ】
現在位置:F-10 城
状態   :健康
道具   :アークル、基本支給品、拳銃
思考・状況
・伊坂・ピーコックアンデッドに操られている。

【伊坂(ピーコックアンデッド)@仮面ライダー剣】
現在位置:F-10   城
状態   :健康
道具   :基本支給品
思考・状況
・クウガを利用し、このバトルロワイヤルに優勝する。




スポンサーサイト

comment

Secret

No title

タイトルがセブンみたいですねwww
やっぱり、クウガを操っている伊坂は強敵。
読みながら翔一が死んでしまうんじゃかなと思ってしまいましたよ(汗
プロフィール

珀式

Author:珀式
中学卒業&高校進学記念にこのブログを作ってしまいましたw
珀式です。
ここ最近はレンストにはまっています。
特撮は大体見てますがメタルは・・・すんませんorz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。