スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ep004:その名はレオ!

「ん・・・こ、ここは・・・」
前にも聞いたようなセリフを言いながら目を覚ましたのは朝日勝人だ。
彼はキングジョーとの戦いに敗れ、気を失っていた。
その間に他の殺し合いに乗っている参加者に襲われなかったのは強運だろう。
彼が目を覚ますと、自分の目線の先には天井があった。
ここはどこかの建物の中らしい。
意識がまだはっきりしていない。その時、
「目が、覚めたようだな」
横から声をかけてきたものがいた。
このものは殺し合いに乗っているのだろうか。
声の感じからすると男だ。
そんなことを考えていると、段々と意識がはっきりしてきた。
その声の主は40~50くらいの人だった。
「俺はおおとりゲン。地球ではそう呼ばれている」
その男、おおとりゲンは勝人に質問をしだした。
「君は殺し合いに乗っているか?なぜあんなところに倒れていた」
勝人は質問に答える。
「ぼ、僕は殺し合いには乗っていません。倒れてたのは・・・・ま、負けたからです」
「負けた?」
「はい、とても強力なロボットに・・・手も足も出なかった。一緒にいた子を守ろうとしたけど・・・無事かどうかもわからない・・・」
勝人は自分の弱さを嘆き始めた。
すると、ゲンはこう聞いてきた。
「君は何処の国の出身かね。君も、ウルトラマンだろう」
思わぬことを言い出した。
「えっ、それじゃあ、あなたも?  僕はピカリの国の出身です。だけど・・・まだ半人前で」
このとき、2人はお互いがウルトラマンであると知った。
さらに勝人は続けて話し始めた。
「僕は弱いんです。子供1人守り抜けない・・・僕は、どうしたら」
その瞳に薄く涙を浮かべながら弱音を言い出した。
これを聞いていたゲンは勝人の方を見ながら厳しい表情になり、
「その顔はなんだ。その眼は!その涙はなんだ!・・・おまえのその涙で、誰かが救えるのか」
ゲンはそう言って建物を出て行った。

建物、A-6の小屋を後にしたゲンは森を歩きだした。
「やはり、ウルトラマンはだれしもあぁいう悩みを持つものか・・・・・・・  ん!?」
背後からの誰かの気配に気づいたゲン。
「誰だ!!!!」
後ろを振りむき、叫ぶ。
すると、森の木々の間から何者かが意味不明な言語を話しながら近づいてきた。
「ラズパ ゴラゲ ザ(まずはお前だ)」
その意味不明なことばを発するものにゲンは再び問いかけた。
「お前は何者だ!? 殺し合いに乗っているのか!?」
答えは早かった。
「ゴセン バパ ゴ・バダー・バ ゲゲルン ザジラシザ(俺の名は、ゴ・バダー・バ。ゲゲルの始まりだ)」
またも理解できない言葉をはなつその生物。
そういった後に、ゲンの方へ向かってきた。その物からは明らかな殺気がうかがえる。
「どうやら殺し合いに乗っているようだな。ならば仕方ない」
ゲンは指にはめているリングを前に突き出し、叫ぶ。
「レオーーーーーーー!!!!!!」





【朝日勝人@ウルトラマンゼアス】
現在位置:A-6 小屋
状態   :重傷
道具   :基本支給品・サッカーボール・ピカリブラッシャー
思考・状況
・これからどうする・・・
・殺し合いはしない
・おおとりゲンとは・・・

【おおとりゲン@ウルトラマンメビウス】
現在位置:A-6 小屋から少し離れた場所
状態   :健康
道具   :基本支給品・レオリング
思考・状況
・殺し合いには乗らない
・あいつは何者だ・・・(バダーのこと)

【ゴ・バダー・バ@仮面ライダークウガ】
現在位置:A-6 小屋から少し離れたところ
状態   :健康
道具   :基本支給品
思考・状況
・ゲゲルのルールに従い、殺し合いをする




スポンサーサイト

ep003:アーブのために・・・

エリアA-10。ここに飛ばされたものが1人いた。
青いボディのウルトラマン。ウルトラマンヒカリである。
深い森の中でヒカリは考えていた。
「優勝したら・・・願いが何でも叶う・・・・もし私が優勝できたら、アーブを・・・・」
アーブ、それは宇宙科学技術局に所属するウルトラマンヒカリが研究のためおりたった星であり、見守り、愛した星である。
しかし、そのアーブは高次元捕食体 ボガールに滅ぼされてしまった。
もちろんこのバトルロワイヤルに優勝すればアーブを復活させることも可能である。
「しかし、罪もない者を殺すわけには・・・」
ヒカリは苦悩していた。愛した星を復活させるか、殺し合いに乗らず、他の参加者と脱出を試みるか。
普通なら後者を選択するところだろう。しかしヒカリにとってはこれほどまでに悩む問題なのだ。
その後、ヒカリはひとまず参加者の記載されている名簿を見ることにした。
「!!?」
そこには高次元捕食体 ボガールの名前があった。
「ボガール!!」
拳を強く握りしめ、憎しみの声を出すヒカリ。
そしてヒカリはある決意をした。
「ボーガル!お前は私が倒す!   待っていてくれアーブ。このバトルロワイヤルに優勝して、あの美しい姿を取り戻してみせる」
ヒカリが決意したのはバトルロワイヤルの殺し合いに乗り、優勝して惑星アーブをよみがえらせることだった。
しかし、他のウルトラ戦士と違い自分はただの研究員。戦闘の経験も少なく、実際にアーブではボガールと戦い、敗れている。
ヒカリは支給品を見てみることにした。
もしかしたらこの支給品によっては自分もほかの参加者と同等の戦闘力を得られるかもしれない。
ヒカリに支給されていたものは内部で光と影が渦巻いている。カプセルだった。
これでは相手に致命傷は与えられない。それ以前に用途が不明である。
「やるしかない。 あの美しかったアーブを復活させるには・・・」
決意を固めたヒカリは参加者を求めて歩き出した。


【ウルトラマンヒカリ@ヒカリサーガ】
現在位置:A-10 森
状態   :健康
道具   :基本支給品・アーブの光(復讐の鎧か勇者の鎧かはまだ不明)
思考・状況
・殺し合いに乗る
・アーブを復活させる
・参加者を探す


ep002:ツインポリス

駅のホームで支給品の確認をする男が一人。
「ふぅ、またバトルロワイヤルですか・・・今回は津上さんもいないようだ」
氷川誠。神崎主催のバトルロワイヤルに参加していた男だ。
彼が飛ばされたのはエリアF-7の駅のホームだ。
彼に支給されたのは10セット1組の銃の弾丸が2組。
幸い彼は拳銃を持参している。はずれではないだろう。
「しかし・・・今回は危険そうですね」

エリアF-7・改札口。
「五代がいるのか・・・」
氷川と同じエリアに飛ばされた人物がもう一人。
一条薫。五代雄介とともにグロンギと戦っていた男だ。
「これか・・・奴の言っていた支給品というのは」
足もとのバッグに目をやる。そしてさっそく中身の確認を始めた。
入っていたのは食料などとともに、クウガと同じような異形の者が書かれたカードだ。
一条も拳銃は持参しているが、弾は抜かれている。
これは主催者の策略以外に考えらない。
この状況下では彼に支給されたの者は限りなく外れであろう。
「とりあえず、ホームまで行ってみるか」
一通りの確認を終えた後、一条はホームへと降りて行った。
ホームへ降りると男が一人いた。背広を着ている。
一条はその男に近づく。

背後からの気配に気づく氷川。
彼が振り返ろうとしたその瞬間。
「君!そこで何をしている!」
呼びかけられた。
氷川は振り向く。
「君はこの殺し合いに参加しているのか?」
一条は振り向いた氷川に問いかける。
「僕は殺し合いには乗っていません」
自分の意思を伝える。
「一応君のバッグをこちらへ渡してくれるか? 殺し合いには乗っていない」
言われるがままに自分のバッグを一条のもとへ投げる氷川。
投げられたバッグを確認し、弾丸に目をやる一条。
「(神経断絶弾・・こんなところに)、疑って悪かった。一条薫だ。もちろんこんなバカげた殺し合いには乗っていない」
疑ったことを謝り、自己紹介をする。
「いえ、こんな世界です。疑うのも無理ありません。氷川誠です」
「氷川誠・・・あの暁号事件の!? いやぁこんな状況ですがお会いできて光栄です」
「いえ・・・あの事件のことは・・・」
お互いに和解する。
その後、自分たちの知っている情報を交換し、ともに行動することにした。
2人は駅をあとにし、次なる目的地を目指す。

「ホホホホ、面白い客がいますね。どれ、少しばかり観察してみますか」
コウモリのような男が2人を見て笑う。



【氷川誠@仮面ライダーアギト】
現在位置:Fー7 駅
状態   :健康
道具   :基本支給品・神経断絶弾2組
思考・状況
・殺し合いには乗らない
・一条さんと行動する

【一条薫@仮面ライダークウガ】
現在位置:F-7 駅
状態   :健康
道具   :基本支給品・カメンライドカード(絵柄が何かはまだ不明)
思考・状況
・殺し合いはしない
・氷川と行動する
・五代を見つける



ep001:半人前×2

「ねえ、お兄さん」
背後から誰かが話しかけてきた。
勝人が振り向くとそこには赤いボディの少年が立っていた。
「君は・・・ウルトラマン?」
思わずそう呟いた。
「えっと・・・今はまだ一人前じゃないんだ・・・でも、大きくなったら絶対ウルトラ警備隊に入るんだ」
明るくそう答える。殺し合いの場に呼び出されたものとは思えないほど明るい。
まあまだこのバトルロワイヤルも始まったばかり。まだ実感がないのだろう。
「君・・・名前は?」
勝人は目の前にいる少年のようなウルトラマンに聞いた。
「僕はウルトラマンボーイ。ボーイって呼んで」
どうやら少年の名はボーイというらしい。まんまである。
「僕は朝日勝人。でもなんでぼくに話しかけたの?僕が殺し合いに乗っていたら・・・」
「勝人さんはそんな風に見えなかったから。なんて言うか・・・僕の尊敬する人たちと同じ印象を受けるんだ」
なおも明るく話すボーイ。そんなボーイと話しているうちに勝人の顔にも笑顔が見えるようになってきた。

時同じくして森の中。エリアA-7.
「望みが何でも叶うか。面白い!この殺し合い、乗ってやろうではないか」
木々の間に見えるその姿は“忍者”。
闇のヤイバは殺し合いを楽しもうとしている。
バッグの中身を確認していると、基本支給品とは違うマップと紙切れが出てきた。
「フッ!これはいい支給品だ」
ヤイバはその紙とマップを見ると笑みを浮かべた。
一通りの確認を終えると通常のマップを開き、目的地を決めた。
「ハッ!!!」
ヤイバは高速で木々を渡り、エリアA-3を目指した。

「ここか。なるほど・・・こいつか。さぁ動け!!バトルロワイヤルのプレシャスよ!!」
エリアA-3についたヤイバはある物を見つけるとそれにあるボタンを押した。
押してすぐ、その巨大な物体は空高くへ上がり、同時に似たような物体が複数集まってきた。
その物体は順に地に降り、やがては巨大なロボットと変形を遂げた。
「さぁ行け!!殺戮ロボットキングジョー!!このエリア付近にいる者を殺しまくれ!!」
ヤイバがそう叫ぶとキングジョーはエリアB-2へと歩みを進めた。

その地鳴りは徐々にこちらへ向かってくる。
「ボーイ。僕のそばを離れちゃだめだよ」
朝日勝人はまだ幼いウルトラマン・ボーイにそういった。
この地響きは間違いなく殺し合いを望むものだと思ったからだ。
とはいえ自分もボーイを守れるだけの力があるかどうかは正直自身がない。
「あぁあぁあぁ、勝人さん!! あ、あれ!!」
おびえながらボーイが指差した先にはまっすぐこちらへ向かってくるキングジョーがいた。
「な、何だあいつは・・・」
「キ、キングジョーだ!!」
ボーイは自分がもといたところで数々のロボットや怪獣を勉強していた。
名前くらいはすぐ出てくるだろう。
「キングジョー!?」
「う、うん。ぺダン星人が送り込んだ殺戮ロボットだよ・・・なんでこんなところに」
そんなことを話しているうちにもうそこまでキングジョーは迫っている。
「ボーイ・・・すぐにここを逃げるんだ・・・」
朝日勝人はボーイに逃げるように指示した。
「に、逃げろって、勝人さんはどうするの」
ボーイもやはり生身の人間を1人で置いていくことはできない様子だった。
「ぼ、僕は・・・あいつと戦ってボーイが逃げる時間を稼ぐ」
「む、無理だよ。キングジョーに勝てるわけないよ。武器もないのに・・・」
躊躇するボーイ。だが、勝人の手には歯ブラシが握られていた。
「これがあってよかった・・・。ボーイ、早く逃げるんだ」
そう言うと勝人は口に歯ブラシを当てて、その手を空に掲げた。
「シュワッチ!!!!」
掛け声とともに勝人の体は赤いウルトラの戦士。ウルトラマンゼアスへと変わった。
「な、何だ。あのウルトラマンは」
その姿を見たボーイは驚きながらも勝人の指示に従い逃げ始めた。
彼の尊敬するウルトラの戦士なら負けることはないと思ったのだろう。

歩みを進めるキングジョーの前にゼアスが立ちふさがった。
だがキングジョーはその歩みを止めることはなく、こちらへ向かってきた。
ゼアスもキングジョーのほうへ走って行き思いっきりパンチを食らわせた。
「シュワッ!!!    ウワッ!!!」
放ったパンチではキングジョーはびくともしなかった。
それどころか殴った手のほうがダメージを受けた。
かまわず前進するキングジョーを今度は正面から止めようとするゼアス。
「ウゥ!! ウワッ!!」
正面から立ち会ったゼアスだったがキングジョーの圧倒的な重さとパワーに軽々と吹き飛ばされてしまった。
キングジョーも業を煮やしたのかついにゼアスに攻撃を加えた。
キングジョーの上半身が回転し、その鋼鉄のような腕全体がゼアスの脇腹にクリーンヒットした。
「シュワァァァ!!!  グワッ!!」
さらに吹き飛ばされ大ダメージを受けるゼアス。
それでもゼアスは立ち上がり、必殺光線・スペッシュシュラ光線の構えをとった。
「シュワッッチ!!!!!!!!」
全力を振り絞り光線を放つ。気がつくとすでにカラータイマーは点滅していた。
「・・・・・・・・・・」
スペッシュシュラ光線は見事キングジョーに命中したが、キングジョーのボディには傷一つついていなかった。
「!?」
驚き、一瞬の油断がゼアスに生じた。
「・・・・・・・・ ・・・・・・・・ ・・・・・ ・・・」
その隙にキングジョーは自信の最強技の1つ。破壊光線をゼアスに放った。
「!!! シュワァァァァ!!!!!!」
油断し、反応が1瞬遅れた。防御が間に合わず、威力絶大の破壊光線がゼアスに命中した。
ゼアスは後方へ吹き飛ばされ、倒れた。カラータイマーの点滅は速さを増している。
もう動くことすらできない。
そんなゼアスの前にキングジョーが立ちふさがり、再び破壊光線の構えをとった。
ゼアスが自分の死を覚悟したとき・・・キングジョーは4つのパーツに分かれどこかへ消えてしまった。
ゼアスもまた光に包まれ、朝日勝人の姿に戻った。

「ッチ!!あと一歩というところだったのに。時間切れか」
森の中で忍びがつぶやいた・・・・・



【朝日勝人@ウルトラマンゼアス】
現在位置:B-2 森
状態   :気絶、重傷
道具   :基本支給品・サッカーボール・ピカリブラッシャー
思考・状況
・これからどうする・・・
・殺し合いはしない

【ウルトラマンボーイ@ウルコロ】
現在位置:B-3 森
状態   :健康
道具   :基本支給品、ランダム支給品
思考・状況
・逃げなくちゃ
・勝人さんが・・・

【闇のヤイバ@轟轟戦隊ボウケンジャー】
現在位置:A-3 森
状態   :健康
道具   :基本支給品、キングジョーMAP、キングジョー取扱説明書
思考・状況
・殺し合いに乗った
・キングジョーがいれば無敵だ


ep000:ゲーム開始

「・・・ん・・・こ、ここは・・・」
ガソリンスタンドの制服を着た青年・朝日勝人は暗いホールで目を覚ました。
自分はたしかにいつもどおり仕事場にいたはずだ。
なのに気がついたらこんなところにいる。
そんなことを考えているうちに1人、また1人と影が立ち始めた。
どうやらここにいるのは自分だけではないらしい。
それにこの場所はかなりの広さのようだ。
暫くすると影の数はざっと数えて20くらいまでになった。
朝日勝人は声も発せずただ待っていた。
何を待っているのかは自分でもわからない。
突然明かりがついた。
「うっ!」
回りが突然明るくなったためにしばらく目をあけられなかった。
まわりからはたくさんの声が聞こえる。
段々と目が慣れてきた。
視線の先にあったのはスピーカーだ。
『えー、現在ホールに集まっている諸君。君たちには今から殺し合いをしてもらう。バトルロワイヤルだ。最後の1人になったものには望みを何でもかなえてやろう。それから、君たちの首には爆弾付きの首輪をつけさせてもらった。なぁに、何もしなければ爆発はしない』
朝日勝人は自分の首のあたりを触ってみた。確かに首輪が付けられている。
『これから諸君等をランダムにエリアのどこかに送りこむ。その瞬間からバトルロワイヤルのスタートだ。あー、それから移動したら足元を見ろ。バッグが置いてある。このバトルロワイヤルで生き残るために必要なものが入っている。では、楽しんで殺しあえ!!!ハハハハハ』
音が途切れた。その瞬間、朝日勝人の目の前が真っ白になり、今度は深い森の中にいた。

「バトル・・・ロワイヤル・・・  ん?」
朝日勝人はあしもとに目をやった。確かにバッグが置いてある。
中には食糧・水・マップ・名簿、それとサッカーボールが入っていた。
現時点でこのサッカーボールというのは確実に外れアイテムだ。
襲われればこのアイテムで抵抗することはまず不可能だろう。
「ねぇ、お兄さん」
背後から誰かが話しかけてきた。


【朝日勝人@ウルトラマンゼアス】
現在位置:B-2 森
状態   :健康
道具   :基本支給品・サッカーボール・ピカリブラッシャー
思考・状況
・これからどうする・・・
・殺し合いはしない
プロフィール

珀式

Author:珀式
中学卒業&高校進学記念にこのブログを作ってしまいましたw
珀式です。
ここ最近はレンストにはまっています。
特撮は大体見てますがメタルは・・・すんませんorz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。